沿革・目的

当十勝交通育英会は昭和54年5月に発足し、十勝地方に在住する十勝管内高等学校在学の交通災害遺児の方に、経済的理由により修学が困難な者に対し、学費の給与、その他奨学上必要な事業を行い、もって社会に有為な人材の育成を図ることを目的とし、昭和55年10月公益法人(財団法人)の許可を得て育英事業の永続性と適切な運用を図ってまいりました。
 平成30年3月末では延392名の方に奨学金を贈呈し、奨学金のもとに高校を卒業された交通遺児の方は154名、社会人として立派に巣立っております。